• COLUMN

喫煙室に必要な条件

緊急事態宣言があけて、コロナ前の人の流れに戻りつつあります。
テレワークから出社される方が増え、閉鎖されていた喫煙室も使用できるところが増えてきました。

2020年4月に改正健康増進法が施行されましたが、新型コロナウイルス感染拡大と時期が重なったため、あまり周知がされていない様に思われます。

改めて、改正健康増進法で定められた喫煙専用室の条件についてご紹介します。

喫煙室に必要な条件

 

喫煙専用室の条件

1. 出入口において室外から室内に流入する空気の流れが0.2m毎秒以上であること

2. たばこの煙(蒸気を含む。以下同じ。)が室内から室外に流出しないよう、壁、天井等によって区画されていること

3. たばこの煙が屋外又は外部に排気されていること

 <参考:https://www.fujitaka.com/bunen/environment/

 

以上の様に定められています。

改正健康増進法に基づいた喫煙室になっているか、地域の保健所がチェックに出ているとの情報も耳にする様になりました。
喫煙室がこれらの条件をクリアできないと、喫煙室を使用できなくなったり、最大50万円の罰金が科せられる場合があります。

すでの喫煙室をつくられている施設様も、条件をクリアでているか一度確認してみましょう。

 

喫煙ブースとニオイ対策アイテム

Fujitakaではオフィスや施設での分煙環境の提案も行っております。
改正健康増進法に基づいた「喫煙する人もそうでない人も快適に過ごせる分煙環境づくり」に取り組んでいます。
分煙環境のお悩みはFujitakaまでお気軽にご相談ください。

 

〇屋外排気不要。喫煙ブース「SMOKE POINT(スモークポイント)」

https://www.smokepoint.jp/cms/
喫煙ブース「SMOKE POINT(スモークポイント)」は、国の定めた条件をクリアする性能と、デンマークのデザイナーが北欧独特のスタイリッシュさを大切にした筐体デザインの喫煙ブースです。そのスタイリッシュさは空間の雰囲気を壊しません。

喫煙ブース「SMOKE POINT(スモークポイント)」以外にも喫煙室のニオイ対策アイテムもご用意しています。

 

スモークポイント

 

〇オゾン除菌・脱臭機「エアバスター」

フィルター交換をする必要がなく、お手入れ簡単。最大50畳まで対応可能です。

 

エアバスター

 

 

〇オゾン・紫外線ランプ付除菌・脱臭器 「エアキューブ」

最大16畳まで対応可能でコンパクト。静音設計なので寝室等にもおすすめです。

  エアキューブ

 

 

〇空気清浄器付きオゾン除菌・脱臭器 「スペースクリーン ループ」

高性能フィルターと室内環境の計測で、常にクリーンな環境を保ちます。

  スペースクリーンループ

 

 

〇空気清浄器「ジェイエアー」

独自のマイナスイオンと微量のオゾンを発生させ、除菌・脱臭性能を発揮します。

  ジェイエア―

 

 

〇屋外用喫煙室

室内の喫煙室だけでなく、屋外用喫煙室づくりもお任せください。

<分煙ソリューション:https://www.fujitaka.com/bunen/

 

 

一覧に戻る